為替レート(09:37現在)
1ペソ(PHP)=0円(JPY)

フィリピンの国と経済基礎知識

基本情報

日本とフィリピンは戦後アメリカの統治を受けた民主主義国家である、島が多くて海岸線が長い、などの共通点も多く大家族で生活し情に厚いなど過去の日本を思わせる一面もあります。一方で生活環境や経済状況などははっきりと異なっています。それではフィリピンの基本情報と経済環境を見ていきましょう。
国・地域名 フィリピン共和国 Republic of the Philippines
面積    300,000平方キロメートル
人口    9,586万人(2011年、出所:IMF)
首都    マニラ首都圏(NCR) 人口1,186万人(2010年センサス)
言語    フィリピノ語、英語、セブアノ語など
宗教    カトリック教(82.9%)、イスラム教(5.1%)など
公用語   フィリピノ語、英語

フィリピンの経済環境

米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは2007年の経済予測レポートの中で、BRICsに次ぐ急成長が期待される国として、韓国、フィリピン、インドネシア、ベトナム、パキスタン、バングラデシュ、トルコ、イラン、エジプト、ナイジェリア、メキシコの11ヶ国をNext11として挙げています。中でも、フィリピンは他のアジア諸国に比べて、人件費の上昇率が低く、それだけ成長の余地が大きいとして注目を集めています。近年の経済成長率はリーマンショックの影響があった2009年を除いて堅調です。また、英語が公用語になっているため、米国、カナダ等英語圏の企業が多く、今後も大規模な資本の流入が見込まれています。特にコールセンターは長年世界シェア1位だったインドを2010年に抜きフィリピンが1位となりました。

年度 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
経済成長率(%) 5.4 7.3 4.6 1.1 7.6
経済成長率(%)(出典:比政府統計)

フィリピンの経済に注目が集まるもうひとつの理由として今後の人口増加が挙げられます。図で見られるようにフィリピンの年齢別人口分布はきれいなピラミッド型で、こうした統計データをもとに、現在約9,000万人強の人口が、2040年には1億4,000万人まで増加すると予想されています。 人口が増加しながら従属人口指数(一人の成人が支える老人もしくは子供の数)が下がっている期間を人口ボーナス期と呼びますが、フィリピンはボーナス期が2045年までと30年以上残しており、その間は内需の拡大や産業の発展が見込まれるとともに都市部への人口集中は避けられないものとなるでしょう。


2010年 フィリピンの人口ピラミッド(国連調べ)


内閣府 政策統括官室(経済財政分析担当)作成 “世界経済の潮流” 2010年より参照

フィリピンへの不動産投資は…